研修情報

2019年度 地域包括支援センター職員向け困難事例対応力向上研修

 老老介護等の生活が困難な高齢者世帯や、子の引きこもり等家族支援の必要性が高い世帯が増加しています。複合的な課題を抱える高齢者や家族に対して適切かつ継続的な支援を行うために、地域包括支援センター職員の資質向上及び、地域包括支援センター職員の定着促進を図ることを目的として、地域包括支援センター職員のため研修を実施します。

 共通研修では「困難事例」とは何かを考え、困難事例に対応するためのチームアプローチのあり方について学びます。演習1では、支援者支援が求められる事例について、事例のアセスメントから支援方針の合意形成に至るプロセスをチームアプローチで考えます。また、演習2では、精神疾患への対応を学びます。

申込用紙(PDF,Word,Excel)をダウンロード
※閲覧・印刷には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。

※自然災害等により研修開催を延期する場合があります。
その際は「兵庫県社会福祉士会HPまたは兵庫県社会福祉士会Facebook」に掲載しますの で、必要に応じてご確認ください。個別連絡はいたしませんので、予めご了承いただきますようお願い致します。

募集要項

①日程
2019年6月18日(火)~12月12日(木)
②募集定員
各回60人程度(先着順)
③受講料
500円(資料代。当日お支払ください)

※自然災害等により研修開催を延期する場合があります。
その際は「兵庫県社会福祉士会HPまたは兵庫県社会福祉士会Facebook」に掲載しますの で、必要に応じてご確認ください。個別連絡はいたしませんので、予めご了承いただきますようお願い致します。