研修情報

生活困窮者の「入口」と「出口」を支えて~就労支援を考える~【2.23開催】

 生活困窮者支援は、広く社会的孤立の支援を理念としています。日本には現在、100万人を超える「ひきこもり」の方がいると推定され、特に中高年層の間では、退職や「就職氷河期」が引き金になったというケースが少なくありません。就労に関わる様々な支援機関の状況や連携について、現場の最新の動向を踏まえながら、「入口」あるいは「出口」としての「就労支援」を考えます。皆様のご参加をお待ちしております。

※閲覧・印刷には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。

※自然災害等により研修開催を延期する場合があります。
その際は「兵庫県社会福祉士会HPまたは兵庫県社会福祉士会Facebook」に掲載しますの で、必要に応じてご確認ください。個別連絡はいたしませんので、予めご了承いただきますようお願い致します。

募集要項

①日程
2月23日(日)13:30~16:00(13:00開場)
②会場
兵庫県福祉センター 神戸市中央区坂口通2-1-1
③募集定員
80名
④受講料
参加費 無料 資料代 1,000円
⑤申し込み

下記フォームまたはFAXにてお申込みください。

申し込みフォーム

※自然災害等により研修開催を延期する場合があります。
その際は「兵庫県社会福祉士会HPまたは兵庫県社会福祉士会Facebook」に掲載しますの で、必要に応じてご確認ください。個別連絡はいたしませんので、予めご了承いただきますようお願い致します。