研修情報

地域包括ケアにおける開業医の役割(9月26日開催)

 地域包括ケアの実現のためには、在宅における医療と介護の連携とともに、社会福祉士、精神保健福祉士のほか、様々の領域の専門職との協働が必要となります。

 今回の拡大学習会では、尼崎市で開業医として活躍されている勝谷医院の勝谷友宏先生をお迎えし、「地域包括ケアにおける開業医の役割」と題して、開業医の先生が日々往診や在宅診療をすすめるなか、病院や訪問看護師等と連携を図りながら、どのように地域包括ケアを進めておられるのかを具体的にお話いただき、地域包括ケアの実現に向けて必要な取り組みは何かについて考える機会といたします。

申込用紙(PDF,Word,Excel)をダウンロード
※閲覧・印刷には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。

※自然災害等により研修開催を延期する場合があります。
その際は「兵庫県社会福祉士会HPまたは兵庫県社会福祉士会Facebook」に掲載しますの で、必要に応じてご確認ください。個別連絡はいたしませんので、予めご了承いただきますようお願い致します。

募集要項

①日程
2019年9月26日(木)19時~20時30分
②会場
神戸市立勤労会館(405会議室)
③募集定員
50名(先着順)
④受講料
会員1,000円 一般2,000円 ※ 会員=社会福祉士会、精神保健福祉士協会、医療ソーシャルワーカー協会の会員
⑤締切日
9月13日(金)

※自然災害等により研修開催を延期する場合があります。
その際は「兵庫県社会福祉士会HPまたは兵庫県社会福祉士会Facebook」に掲載しますの で、必要に応じてご確認ください。個別連絡はいたしませんので、予めご了承いただきますようお願い致します。