研修情報

クリニカルアート研修(2019年5月26日開催)

クリニカルアート〈臨床美術〉とは、美術の上手い下手も関係なく、だれもが楽しみながら作品をつくることができる、アートのひとつです。独自のアートプログラムに沿って創作活動を行うことにより脳が活性化します。認知症の症状改善を目的として始まりましたが、今では子どもや社会人など、様々な方々に実施されています。体を鍛えるように脳をちょっと鍛えてみませんか?クリニカルアート〈臨床美術〉はストレスに負けないように脳を鍛えて、毎日を生き生きと過ごすために役立つアートです。みなさま、ぜひご参加くださいね。

講師:土井 貞美氏 社会福祉士(本会会員) 日本臨床美術協会認定臨床美術士

※申し込みが10名未満の場合は、開催を見送る場合がございます。
※受講決定通知書は発行しませんので、ご了承ください。
※定員に達した場合は、ご連絡いたします。

申込用紙(PDF,Word,Excel)をダウンロード
※閲覧・印刷には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。

※自然災害等により研修開催を延期する場合があります。
その際は「兵庫県社会福祉士会HPまたは兵庫県社会福祉士会Facebook」に掲載しますの で、必要に応じてご確認ください。個別連絡はいたしませんので、予めご了承いただきますようお願い致します。

募集要項

①日程
2019年5月26日・13:30~16:30(受付13時~)
②会場
兵庫県福祉センター 201会議室
③募集定員
15名程度(先着順)
④受講料
会員 3,000 円 一般 3,500 円(参加費、材料費含む)
⑤締切日
2019年05月10日
⑥申し込み

下記フォームまたはFAXにてお申込みください。

申し込みフォーム

※自然災害等により研修開催を延期する場合があります。
その際は「兵庫県社会福祉士会HPまたは兵庫県社会福祉士会Facebook」に掲載しますの で、必要に応じてご確認ください。個別連絡はいたしませんので、予めご了承いただきますようお願い致します。